将来に繋がるキャリアの積み方

転職の回数が多いとしても、それがキャリアの蓄積につながるものならばプラスに評価されることになります。さまざまな業界には現場なりの風習があり、それ故に課題も抱えるものです。

例えば個人単位での業務が多い職人のいる職場では、コミュニケーションが足りない傾向が見られます。その結果、円滑な連絡が取れないことにより業務に無駄が生じることにもつながります。そのような職場では、コミュニケーション能力に優れた人材が必要とされます。実際に全くの未経験者であっても、元営業マンが採用されるケースは多いものです。クライアントとの間に立って必要とされることを深く探り出すことにより、無駄の無い作業に取り掛かることができるようになるのです。

この場合、営業というスキルを活かしながらも技術職という新たなスキルを身に付けていくことになります。すると、その両方の職種から必要とされる人材となるわけです。あるいは逆に物事を深く追求するような業務に携わっていた人が、他の部署との折衝を重ねることで業務を円滑に進めることに興味を持つケースもあります。管理者としての自覚を持つようになるわけです。プロジェクトに関わる人選を行い、それぞれの技能を活かすことにより円滑にプロジェクトを進めるよう工夫することに満足感を得られることになります。このケースでは、技術という専門性を活かしながら業務管理のスキルを高めることにつながるのです。

今の仕事に満足していないのであれば、異業種へのキャリアチェンジをして、仕事の幅を広げてみてはいかがでしょうか。自分の新たなスキルに気付くきっかけになるかもしれません。キャリアチェンジを考えている方は、こちらも参考になります。

Tags:

Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です